メッセージの量

企業のみなさんには、今、SNSプラス動画を意識していただきたいのです。 SNSにおいて動画というモチベーションは、今スタートしたばかりなのかもしれません。スマートフォンの普及がどんどんと進み、生活者の生活の中でのメディアへの接触態度が激変し、このようなジャンルに見る側もようやく向きあうことが出来たのです。現在、男性の場合、10代~30代のがテレビよりもWebへの接触時間が2.5倍以上とのことです。

さんざん、テレビではコマーシャル媒体が流れ、コマーシャルはテレビでやることが当たり前と思われているところがありますが、本当に現代社会に求められているコマーシャルの形は、テレビのコマーシャルであるかは大きな疑問なのです。そして、他の企業の人たちが、まだそのことに気付いてなくて、テレビのコマーシャルの優位の時代がここにある思っているのなら、尚更、ソーシャルネットワーキングサービスの動画広告にはまだまだ大きなメリットが存在していることになります。

そして、やっぱり情報は、静止画よりも動画の方が全然伝えることが出来る量が違うということになります。より見ている人たちにいろいろなメッセージを送ることが出来るのは、動画の方です。自分で作成をすることもできますが、やはり業者に頼んだ方がよりユーザー属性に合ったものを作ってくれるでしょう。また、SNSショート用の広告を作成している動画制作業者もあります。参考にしてみてはいかがでしょうか。

〔関連HP〕動画制作業者 – ムビラボ

熱い市場

Instagramは、日本国内のユーザー数が810万人程度いると言われています。そのような人たちに、しっかりと広告出来ればどんなに企業に大きなメリットがもたらされることでしょうか。多くの人たちがこのようなSNSの向きあっているのなら企業は、それを広告の手段にしない手はありません。

Instagramは、男性と女性の割合は3:7 あたりと言われています。そのようなこともSNSの選択ポイントで大いに参考にしてみたいデータです。そして、18~29歳が43%ということです。若い女性たちがInstagramを大いに支持しているようです。したがって、アパレルブランドやコスメブランドという企業が、積極的にこのようなソーシャルネットワーキングサービスにおいて、頑張って広告を出していたりします。

そのような方法によってターゲットを絞り、動画広告を意識してみるのも今、現代社会に一番マッチした方法と言えるのではないでしょうか。2016年はFacebookやTwitter、LINEなどのSNSを中心に、動画市場が大きく伸びた年とも言えます。まだ答えが出ている訳ではありませんが、2017年の動画市場はどんな感じなのでしょうか。いつか低迷する時もあるかもしれませんが、まだまだ熱い市場とは言うことが出来ます。

いろいろなSNS

まず企業の人たちがソーシャルネットワーキングサービスを有効的に利用するために、SNSのユーザー属性を把握するということが大事なポイントとしてあげることが出来ます。SNSには、商材によって向き、不向きがあるのかもしれません。

高齢の女性にはハイヒール靴を売ることがむずかしいでしょう。そのような人たちにいくらレベルの高い広告をしたところで購買意欲を持ってもらうことは出来ません。みなさんは、普段そのようなことを当たり前に理解しているものの、いざ、SNSの世界に没入してしまえば、なかなかそれが見えてこないかもしれません。そのようなリスクも踏まえて私達はSNSというものと向きあっていかなければなりません。

SNSにはそれぞれのユーザーに属性があり、例えば、Twitterは国内ユーザーの数が1,980万人であり、1ヶ月に最低でも1回はサービスを利用するユーザーの割合が60.5%とFacebookよりもアクティブ率が高くあるということや、主なユーザーが10代の若者たちであるという理解度がそれぞれに対して必要であり、自分たち企業にはどのようなSNSが向いているという判断をしていかなければなりません。いまInstagramが一番新しいと感じている人たちも多くいるのではないでしょうか。

SNS広告と向きあう

今企業の人たちは、ソーシャルネットワーキングサービス、SNSという手段を有効的に活かそうと思って頑張っているのではないでしょうか。もちろん、ソーシャルネットワーキングサービスも、広告として有効的手段の場所と考えるべきです。SNSは既にコミュニケーションの場所という認識を遙かに超えた商業的有効な場所と変化しているのです。

今、しっかりとSNSに向きあうことがしなければ、みなさんの企業は他の企業の競争に安易に負けてしまうことになるかもしれません。今企業にとった大事なのは、しっかりと新しいものを迎え入れるモチベーションではないでしょうか。出来る企業は、現在間違いなくFacebook、Twitter、そしてInstagramと言ったものと積極的に無向きあう姿勢を見せています。

ソーシャルネットワーキングサービスという方法は、配信先がユーザーによって登録されている地域、性別、興味関心などのプロフィール情報によりセグメントができるから他のインターネットの手段とも比較して、訴求効果が高いメリットがあります。しかし、他方ではターゲティングが細かく設定できることがデメリットともなり効果を出すためには、出しっぱなしの放置では、費用が嵩んでしまうばかりかもしれません。

みなさんがしっかりとSNSと向きあうためにしなければならないのは、しっかりとSNSのユーザー属性を把握するということではないでしょうか。当然SNSには、メリットもありデメリットもあり、デメリットを知るのも大事です。