いろいろなSNS

まず企業の人たちがソーシャルネットワーキングサービスを有効的に利用するために、SNSのユーザー属性を把握するということが大事なポイントとしてあげることが出来ます。SNSには、商材によって向き、不向きがあるのかもしれません。

高齢の女性にはハイヒール靴を売ることがむずかしいでしょう。そのような人たちにいくらレベルの高い広告をしたところで購買意欲を持ってもらうことは出来ません。みなさんは、普段そのようなことを当たり前に理解しているものの、いざ、SNSの世界に没入してしまえば、なかなかそれが見えてこないかもしれません。そのようなリスクも踏まえて私達はSNSというものと向きあっていかなければなりません。

SNSにはそれぞれのユーザーに属性があり、例えば、Twitterは国内ユーザーの数が1,980万人であり、1ヶ月に最低でも1回はサービスを利用するユーザーの割合が60.5%とFacebookよりもアクティブ率が高くあるということや、主なユーザーが10代の若者たちであるという理解度がそれぞれに対して必要であり、自分たち企業にはどのようなSNSが向いているという判断をしていかなければなりません。いまInstagramが一番新しいと感じている人たちも多くいるのではないでしょうか。