熱い市場

Instagramは、日本国内のユーザー数が810万人程度いると言われています。そのような人たちに、しっかりと広告出来ればどんなに企業に大きなメリットがもたらされることでしょうか。多くの人たちがこのようなSNSの向きあっているのなら企業は、それを広告の手段にしない手はありません。

Instagramは、男性と女性の割合は3:7 あたりと言われています。そのようなこともSNSの選択ポイントで大いに参考にしてみたいデータです。そして、18~29歳が43%ということです。若い女性たちがInstagramを大いに支持しているようです。したがって、アパレルブランドやコスメブランドという企業が、積極的にこのようなソーシャルネットワーキングサービスにおいて、頑張って広告を出していたりします。

そのような方法によってターゲットを絞り、動画広告を意識してみるのも今、現代社会に一番マッチした方法と言えるのではないでしょうか。2016年はFacebookやTwitter、LINEなどのSNSを中心に、動画市場が大きく伸びた年とも言えます。まだ答えが出ている訳ではありませんが、2017年の動画市場はどんな感じなのでしょうか。いつか低迷する時もあるかもしれませんが、まだまだ熱い市場とは言うことが出来ます。