SNS広告と向きあう

今企業の人たちは、ソーシャルネットワーキングサービス、SNSという手段を有効的に活かそうと思って頑張っているのではないでしょうか。もちろん、ソーシャルネットワーキングサービスも、広告として有効的手段の場所と考えるべきです。SNSは既にコミュニケーションの場所という認識を遙かに超えた商業的有効な場所と変化しているのです。

今、しっかりとSNSに向きあうことがしなければ、みなさんの企業は他の企業の競争に安易に負けてしまうことになるかもしれません。今企業にとった大事なのは、しっかりと新しいものを迎え入れるモチベーションではないでしょうか。出来る企業は、現在間違いなくFacebook、Twitter、そしてInstagramと言ったものと積極的に無向きあう姿勢を見せています。

ソーシャルネットワーキングサービスという方法は、配信先がユーザーによって登録されている地域、性別、興味関心などのプロフィール情報によりセグメントができるから他のインターネットの手段とも比較して、訴求効果が高いメリットがあります。しかし、他方ではターゲティングが細かく設定できることがデメリットともなり効果を出すためには、出しっぱなしの放置では、費用が嵩んでしまうばかりかもしれません。

みなさんがしっかりとSNSと向きあうためにしなければならないのは、しっかりとSNSのユーザー属性を把握するということではないでしょうか。当然SNSには、メリットもありデメリットもあり、デメリットを知るのも大事です。